マナー

釣りをするにもマナーがあります。これは常識ですが、ゴミは必ず持ち帰る様にしましょう。

釣り場にはゴミ捨て場ばない事が多いのでビニールの袋などを持参しておくと便利でしょう。また、釣りに関する事であれば、竿を投げる際は重りや仕掛けが付いているため非常に危険です。周りに人がいないか十分に注意しましょう。

特に小さい子供などは注意が必要です。
柵などがない場所もたくさんあり、その様な場所で釣りをしていると海に落ちない様に十分に注意しましょう。釣りをしている時に騒ぐと危険です。

釣りをしていると大きい魚ばかりが釣れるとは限りません。まだ、小さい魚を釣ってしまう事もあります。その場合は海に帰すようにしましょう。

おおまかな目安としては20~30センチよりも小さい魚はリリースする様にしましょう。これは釣り人の間ではリリースすると言われています。そして、これは釣りをする人にとっては常識となっています。必要以上に魚の乱獲は控えましょう。

小さい魚をたくさん取ると将来的に魚の数が減る事もあり、環境にも影響してきます。できる限り環境保護に努める様にしましょう。

ジギングって

小魚に似せて金属の疑似餌を使い魚を誘って釣ること。

最初はコツをつかむのが難しいが、この疑似餌の扱い方によって釣れる量にも差が出てくる。

上手くなるには慣れが必要だと言う。

最近では家族連れや女性がジギングを楽しむことも少なくない。

自分の手で魚を釣る楽しさが分かる 少しずつ人気があがってきているスポーツだ